イメージを新たに

いまでこそさまざまな個性ある専門店がたくさん登場していますが、少し前まではパンケーキを食べられる場所は限られていたのではないでしょうか。デパートのレストランやファミリーレストランなどの、「大人と一緒に行く場所」で提供されていて、ひとりで食べには行けなかったというケースや、ホットプレートを使って家で焼いて食べていたというケースがほとんどだったでしょう。もう一枚食べたい、もっとたっぷりシロップをかけて食べたい、バターもたっぷりつけたい。そんなさまざまな願いを持ちながら、「お子様サイズ」のパンケーキを食べていたという人もいるかもしれません。

そのようにシンプルで、懐かしい味のパンケーキが食べられる店は、いまでも案外たくさんあるものです。老舗カフェやホテルのティーラウンジなどではシンプルなパンケーキが定番で、むしろ彩り豊かに綺麗にトッピングがされているものは提供していないことが多いようです。ですから、「いま風」ではなく、あえて懐かしいタイプのパンケーキが食べたいという場合は、そうしたところを訪ねるといいでしょう。

「かつて叶わなかった願いを叶えたい」という人には、専門店へ足を運ぶことをお勧めします。専門店には薄焼きタイプを提供している店と、ふんわりとした分厚いタイプを提供している店とがあります。ブームの火付け役となった専門店のひとつである「幸せのパンケーキ」は、ふんわりとやわらかいパンケーキを提供していて、食べごたえのあることからも人気を得ているようです。さらに、専門店の多くでは「スイーツ系」と「ミール系」の二種類を提供しているので、時間帯やお腹に合わせてどちらかを選ぶといいでしょう。スイーツ系とは、生クリームやアイスクリーム、フルーツやナッツ類などでデコレーションされたものを指し、ミール系はその名の通り、おかずになるような、オムレツや厚切りベーコン、サラダなどが添えられたものを指します。ミール系はバランスのいい食事として老若男女問わず人気がありますし、スイーツ系もミール系もストレスを軽減する効果のあるナッツ類やアボカドなどがトッピングされていることから、サラリーマンなどからも人気を得ています。

専門店では驚くほど豊富なメニューが提供されているので、「パンケーキは家庭で焼いて食べるものだった」という人も、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと意外な味に出会うことができますし、おやつとして食べていたパンケーキのイメージが新しく変わり、楽しめるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA