ニューテイスト

人は「思い出の味」というものをいくつか持っているのではないでしょうか。小さい頃に食べたものや、旅先で食べたものなど、なにがしかの味にまつわる思い出を持っている人はことのほか多く、特に、初めて経験した味については比較的よく覚えているのではないでしょうか。

そうしたものの中でも「自分で初めて作って食べたもの」の味は、特別記憶に残っているでしょう。「調理をしたのは学校での実習が初めて」という人もいれば、家庭で家族の手伝いをしたのが初めての調理だったという人もいて、後者の場合、「火を使わなくてもできるように」とホットプレートを使って作るものだったという人も多いのではないでしょうか。そうした事情から、「初めて自分で作って食べたのは、パンケーキだった」という人も少なくないでしょう。

いまでこそ人気が高まり、数多くの専門店ができているパンケーキですが、以前は家庭で焼いて食べるのが当たり前の「おやつ」でした。専用の粉を使って焼くと、家庭でも簡単にほんのり甘いパンケーキを作ることができることから「休日の定番おやつだった」という人もいるかもしれません。ホットプレートに種を流すだけで簡単に焼くことができるので、「おままごと」よろしく、子供たちが焼く当番だったという家庭もあるしょう。

中には、ハチミツやメープルシロップではなく、ジャムやチョコスプレッドなど自分の好みのものをつけて食べていたという人もいるかもしれません。そうした思い出と共に懐かしい味として記憶に残っているパンケーキですが、そのイメージを抱いたまま専門店に足を運ぶと、間違いなく驚くでしょう。近年ブームになっているパンケーキは綺麗にトッピングされており、見た目にも美味しそうでフォトジェニックな様相のものが非常に多いのです。もちろんシンプルなものも提供されていますが、なんといっても人気が高いのは、クリームやフルーツを「これでもか」というほどに盛りつけた一品です。

バターなどのトッピングの種類も豊富で、発酵バターやハチミツなどと混ぜ合わせたホイップバターを使用しているなど、各店とも趣向を凝らし常に進化しています。ソース類も、定番のハチミツやメープルシロップだけでなく、チョコレートやヨーグルト、チーズや明太子などの斬新なものまで用意されています。さらにはフルーツだけでなく、ソーセージやベーコンといった「おかず」になるものを添えたものまであるので、まだ専門店では食べたことがないという人は、ぜひ一度足を運んでみてください。きっと思い出に残る新しい味に出会うことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA